【パワプロ2016】長崎クリムゾンジャッカル【オーペナ日記】

オリジナルチーム「長崎クリムゾンジャッカル」のペナントを記録していきます

【その2】レギュレーションについて

さて、今回はレギュレーションの説明となります。

前回書き忘れましたが、通常プレイだと数年で大正義軍団になってしまいますので、いくつかの縛りを設けようと思います。

 

 

 

  • 参加チーム

セ・リーグ(実在6球団+オリジナルチーム2球団)

 東京ヤクルトスワローズ

 読売ジャイアンツ

 阪神タイガース

 広島東洋カープ

 中日ドラゴンズ

 横浜DeNAベイスターズ

 長崎クリムゾンジャッカル(自チーム)

 橘キューティーラビット(オリジナルチーム)

パ・リーグ(実在6球団+オリジナルチーム2球団)

 福岡ソフトバンクホークス

 北海道日本ハムファイターズ

 千葉ロッテマリーンズ

 埼玉西武ライオンズ

 オリックスバファローズ

 東北楽天イーグルス

 帝都シルバーナイツ(オリジナルチーム)

 名古屋レジェンドグリフォン(オリジナルチーム)

 

 実在選手は、デフォルトとver1.5を比べて良い方を採用しています。

 

 

  • お金

がっぽり:巨人、ソフトバンク、橘

多い:阪神オリックス、帝都

普通:広島、中日、DeNA日本ハム、ロッテ、西武、楽天、名古屋

少ない:長崎

 

実在球団は、自分の勝手なイメージです。

自チームは、貧乏球団という設定になっています。

 

 

  • 契約更改

自チーム:手動、現実に近い金額で

他チーム:CPU

 

 

  • ドラフト

完全ウェーバー

自チーム:指名は3人まで

他チーム:CPU → 手動(2017年~)

 

2016年ドラフトで、他チームをCPU采配に任せたところ、「そんな選手指名してどうする!?」という指名が散見されたことから、2017年以降は、他チームのドラフト指名もこちらが手動で行うよう変更しました。

わざと弱い選手を取らせるような行為はしませんし、もし自チームにほしい選手がいたとしても、先に指名できる球団でチーム事情的に必要であれば、そちらのチームに指名させます。

他チームは野手のポジションコンバートが手動でできないので、レギュラー選手の年齢を考えながら、衰退してきた高齢選手のポジションの後継者となりうる選手を優先的に指名していきます。

ドラフトが不作だった場合、サクサクセスで作成した選手を数名参加させます。

 

 

  • FA

なし

 

理由は、「CPUの獲得思考がチームの補強ポイントと合わない」「自分の中にある実在選手のイメージが壊れる」からです。

 

 

なし

 

敵チームが簡単に弱体化したら、おもしろくありませんから。

 

 

10000ポイントまで

 

 

  • 留学

自チーム:チャイナ、コリア、オーストラリアのみ可

他チーム:手動

 

貧乏球団設定なので、安いところにしか行けないという設定です。

あと、CPUは留学派遣場所・選手選びがテキトー過ぎて…

面倒ですが、各チームの状況を見ながら手動で行いたいと思います。

 

 

  • 練習

・キャッチャーアップ なし

 

キャッチャーアップはチートレベルで強力なので、今回は縛ることにします。

オープン戦に出せば、キャッチャーDまでなら上がりますしね。 → アップデートでキャッチャー能力上がりにくくなったみたいですね。でも、現実でも正捕手なんて早々固定できるものでもないですし、現状のまま進めようと思います。

 

・弾道練習 弾道3まで(2018年~)

 

弾道4が非常に強力ということがわかったので、弾道練習は3までに縛ります。

 

 

 

こんなところでしょうか。

正直、CPUの采配をもう少しまともにしてほしいですよねぇ…

 

追加や変更があれば、その都度追記したいと思います。

 

さて今回の記事は、ここまでです。

次回は、自チーム長崎クリムゾンジャッカルの紹介になります。

ではでは~( ・ω・ )ノ