【パワプロ2016】長崎クリムゾンジャッカル【オーペナ日記】

オリジナルチーム「長崎クリムゾンジャッカル」のペナントを記録していきます

【その22】2017年まとめ

今回は、2017年のまとめになります。

各チームの成績を紹介していきます。

 

 

 

1位 ヤクルト 86勝55敗2分 勝率.610

チーム防御率 3.40

チーム失点   506

チーム打率  .261

チーム得点   612

チーム本塁打  114

チーム盗塁    43

f:id:sisterion:20161213163437j:plain

f:id:sisterion:20161213163442j:plain

f:id:sisterion:20161213163447j:plain

f:id:sisterion:20161213163452j:plain

 夏以降、圧倒的な強さを見せて優勝したヤクルト。

投手陣で特筆すべきは、ルーキ選手、秋吉選手、久古選手、オンドルセク選手の優秀なリリーフ陣でしょうか。

打線では坂口選手が首位打者、山田選手が打点王を獲得。バレンティン選手も衰えながらも30本塁打を記録。

やはりバランスのいいチームが強いんでしょうね。

 

2位 橘 82勝57敗4分 勝率.590

チーム防御率 2.66

チーム失点   420

チーム打率  .254

チーム得点   533

チーム本塁打  122

チーム盗塁    53

f:id:sisterion:20161213163501j:plain

f:id:sisterion:20161213163505j:plain

f:id:sisterion:20161213163512j:plain

f:id:sisterion:20161213163521j:plain

得失点差はヤクルトより上ですが、それでも2位に甘んじた橘。

2桁勝利クインテットの先発投手陣は素晴らしいですが、やはり弱点は絶対的ストッパーがいないことでしょうか...あお者ェ...

 打線は、外国人3、4番コンビのヘンリー、カーターが引っ張ってくれています。2人の回りがもう少し打てれば...能力は悪くないはずなんですけどね

 

3位 長崎 82勝60敗1分 勝率.590

チーム防御率 3.26

チーム失点   509

チーム打率  .260

チーム得点   589

チーム本塁打  147

チーム盗塁    89

f:id:sisterion:20161213163539p:plain

f:id:sisterion:20161213163546p:plain

今回も自チームはエクセルでまとめたものをスクショでペタリ。

 

4位 巨人 67勝74敗2分 勝率.475

チーム防御率 3.49

チーム失点   534

チーム打率  .257

チーム得点   466

チーム本塁打   86

チーム盗塁    52

f:id:sisterion:20161213163623j:plain

f:id:sisterion:20161213163633j:plain

f:id:sisterion:20161213163649j:plain

f:id:sisterion:20161213163657j:plain

菅野選手が、最優秀防御率最多勝、最優秀勝率の3冠を達成しました!

野手では立岡選手が3割を達成。村田選手、坂本選手もいい成績を残しました。

阿部選手が衰えているので、小林誠選手をスタメン起用しているんですが、如何せん打つほうの成績が... 打率が2割届かず、長打が二塁打1本って... 今後の成長に期待しましょう!

 

5位 広島 63勝74敗6分 勝率.460

チーム防御率 3.81

チーム失点   583

チーム打率  .268

チーム得点   572

チーム本塁打  104

チーム盗塁    55

f:id:sisterion:20161213163721j:plain

f:id:sisterion:20161213163735j:plain

f:id:sisterion:20161213163745j:plain

f:id:sisterion:20161213163815j:plain

昨年、首位だった広島。

今年は、3番を打っていた新井選手が大怪我で離脱したのが痛かったのか、一気に順位を落とし、5位となりました。

投手陣では、黒田選手の衰えが目立ちますね。

また、リリーフも今村選手とジャクソン選手が絶不調でした。

 

6位 DeNA 64勝76敗3分 勝率.457

チーム防御率 3.91

チーム失点   602

チーム打率  .247

チーム得点   505

チーム本塁打   84

チーム盗塁    35

f:id:sisterion:20161213163834j:plain

f:id:sisterion:20161213163851j:plain

f:id:sisterion:20161213163904j:plain

f:id:sisterion:20161213163925j:plain

DeNAは、抑えの山﨑康選手こそ素晴らしい成績を記録しましたが、投手陣が全般的に低調でした。 来年は、留学に行ってきた砂田選手と飯塚選手に期待しましょう。といっても、飯塚選手は来年も留学させる予定なんですけどね。

打線は、CPU采配が打率0割台の内村選手を起用したがって、大変でした。守備は素晴らしいですし、もう少し打撃能力が上がっているなら、スタメン起用も考えるんですけど、現状では...

あとは、倉本選手が思っていたより打率を残せませんでした。

 

7位 中日 61勝77敗5分 勝率.442

チーム防御率 3.36

チーム失点   518

チーム打率  .250

チーム得点   455

チーム本塁打   80

チーム盗塁    77

f:id:sisterion:20161213163947j:plain

f:id:sisterion:20161213164001j:plain

f:id:sisterion:20161213164010j:plain

f:id:sisterion:20161213164025j:plain

ビシエド選手の大怪我離脱が低迷の一番の原因ではないでしょうか。

野手では、2年連続盗塁王の大島選手と3割打った平田選手がよかったですね。

投手陣は、防御率悪くありません。

来年、ビシエド選手が復帰して、投打が噛み合えば、もっと順位は上に来るはずです。

 

8位 阪神 44勝96敗3分 勝率.314

チーム防御率 4.21

チーム失点   631

チーム打率  .234

チーム得点   421

チーム本塁打   64

チーム盗塁    18

f:id:sisterion:20161213164046j:plain

f:id:sisterion:20161213164108j:plain

f:id:sisterion:20161213164130j:plain

f:id:sisterion:20161213164213j:plain

メッセンジャー選手、1勝22敗って...

防御率4点台半ばでこれって、どう考えても打線が悪いと思います。

とりあえず、来年は、自分の納得いく範囲(チート級能力の選手を加入させたりはしないという意味)で、テコ入れします。

 

ベストナイン

f:id:sisterion:20161216212808j:plain

f:id:sisterion:20161216212819j:plain

ウチからは、西と野木が選ばれました!

 

ゴールデングラブ

f:id:sisterion:20161216212908j:plain

f:id:sisterion:20161216212916j:plain

西はゴールデングラブも受賞!

 

野手個人タイトル

f:id:sisterion:20161216212951j:plain

f:id:sisterion:20161216213003j:plain

松谷が新人王を獲得!

野木が本塁打王

 

投手個人タイトル

f:id:sisterion:20161216213024j:plain

f:id:sisterion:20161216213035j:plain

受賞したみなさんおめでとうございます!

 

 

 

さて、今回の記事はここまでです。

次回は、2017年オフのドラフトをお送りする予定です。

今年から、全 球 団、自分で操作するドラフトになります。

果たしてどんな結果になるのか...

 

ではでは~( ・ω・ )ノ