【パワプロ2016】長崎クリムゾンジャッカル【オーペナ日記】

オリジナルチーム「長崎クリムゾンジャッカル」のペナントを記録していきます

【その27】2018年5月成績

今回は、2018年5月の成績です。

それでは早速いってみましょう!

 

【成績表】
2018年5月

●1-3中
●0-5中
○8-5中
○6-5神
●9-10神
○7-3神
△3-3D
○11-2D
●1-3D
○3-2橘
●1-2橘
●3-4橘
●1-2巨
●2-3巨
●3-10巨

交流戦開始~

○9-4オ
●1-6オ
●3-4オ
●4-9ロ
●1-13ロ
○5-2ロ
○7-3日
●0-5日
○9-6日

月間成績
9勝14敗1分
シーズン成績
21勝28敗2分(6位)

今月も借金ですか...

なんというか、打線も湿りがちなんですね。なんで3失点以下に抑えた試合の勝敗が5勝5敗1分けで勝率5割なんでしょう。

あと、投手陣も大量失点の試合が目立ちます。


【記録室】

・チーム成績

順位表

f:id:sisterion:20170120224248j:plain

1つ順位を落として6位に後退。7位の阪神もすぐ後ろにいます。

1位の橘とは11.5ゲーム差ですか...

 

チーム投手成績

f:id:sisterion:20170120224302j:plain

相変わらず赤いです。

昨年改善したと思ったのに、なぜ!?

 

チーム野手成績

f:id:sisterion:20170120224319j:plain

上で打線湿りがちと言いましたが、それでも得点力はリーグ№1なんですよね...

低迷の理由は、やっぱり投手陣含めた守備のせいでしょうか。


セ・リーグ選手成績

防御率

f:id:sisterion:20170120224356j:plain

今更ですけど、橘の投手陣の防御率がいいのは、やっぱり正捕手でキャッチャーA持ちの六道がいるからでしょうね。むしろなんで今までリーグ優勝できていないのか。

 

勝利数

f:id:sisterion:20170120224416j:plain

うちのエース二階堂が勝ち頭になってくれています。

調子が悪い中でも最少失点にとどめてチームを勝利に導く。エースの姿だと思います。

 

セーブ数

f:id:sisterion:20170120224425j:plain

阪神に金銭トレードされた河合も期待通りの成績を収めていますね。

ちなみに、阪神は名古屋に、2軍選手に破格の1億円支払っています。

 

ホールドポイント

f:id:sisterion:20170120224435j:plain

 

打率

f:id:sisterion:20170120224444j:plain

あれ?4月終わりに1番上にいたウチの西はどこいったんでしょう...?

 

本塁打

f:id:sisterion:20170120224453j:plain

中日のビシエド選手は本塁打数を伸びずことができず、橘のカーターがトップに躍り出ました。

 

打点

f:id:sisterion:20170120224520j:plain

野木が...野木が立派に4番の役割を果たしてくれています!

 

盗塁

f:id:sisterion:20170120224531j:plain

ウチの不動のセカンド菅野がトップ!


・チーム内成績

投手

f:id:sisterion:20170120224550j:plain

f:id:sisterion:20170120224624j:plain

二階堂、嫁、北方以外の先発投手が軒並み炎上しています。

留学から帰ってきた新倉、宮下までなんか怪しいんですけど。あれぇ?

 

野手

f:id:sisterion:20170120224636j:plain

f:id:sisterion:20170120224655j:plain

西、小野寺の打率が急降下していますね。チームが不調な原因はこれでしょうか。しかし、今までの実績もありますから、とりあえず様子みましょう。

若干ではありますが、昨年の新人王・松谷が成績改善してきたのはいい傾向ですね。

 

【留学帰国選手紹介】

f:id:sisterion:20170120224715j:plain

f:id:sisterion:20170120224726j:plain

阪神のルーキー森笠と海野がコリアリーグから帰国しました。二人ともミートとパワーがランクアップしていい感じです。

阪神は打線が弱いので、早速スタメンに入ってもらいます。

 

f:id:sisterion:20170120224744j:plain

f:id:sisterion:20170120224809j:plain

ちょっとボタン連打してしまい、試合後の成長画面のスクショ撮り損ねました。

昨年もチャイナリーグに留学した2人を、今年はコリアリーグに派遣ました。

新倉は「コンスタDBにならないかなー」くらいしか思っていなかったんですが、まさかの球速5キロアップ。コンスタの伸びは物足りませんでしたが、それ以上に価値のある成果を残して帰ってきてくれました。

宮下も、ローテ投手として十分な能力になって帰ってきてくれました。

早速ローテに組み込んだのですが、あれ...?

 

f:id:sisterion:20170120224834j:plain

f:id:sisterion:20170120224852j:plain

ソフトバンクの髙橋選手とルーキーの今福もコリアリーグに留学してもらいました。

髙橋選手は順調に能力伸びましたね。これでローテに入れることにしましょう。

今福は、来年、ヨーロッパリーグに参加してもらい、打てる捕手として完成を目指します。

 

f:id:sisterion:20170120224929j:plain

f:id:sisterion:20170120224956j:plain

ロッテは、昨年のドラフト1位の楠田と今年のドラフト1位を牧山をコリアリーグに留学させました。

楠田は、2年連続の留学で、これで一流選手の仲間入りですね!

牧山は来年どうするかは、オフのチーム状況次第というところでしょうか。

 

【その他】

f:id:sisterion:20170120224908j:plain

ソフトバンクの髙橋選手の能力です。はい、もはやエース並みの能力ですね。

これでまだ21歳ですから、めちゃくちゃ将来楽しみですね。

 

 

 

さて、今回の記事はここまでです。

今年は5月中の覚醒選手がおらず、若干短い記事になってしまいました。

 

次回は、2018年6月の成績をお送りします。

ではでは~( ・ω・ )ノ