【パワプロ2016】長崎クリムゾンジャッカル【オーペナ日記】

オリジナルチーム「長崎クリムゾンジャッカル」のペナントを記録していきます

【その31】2018年9、10月

さて、今回は2018年最後の月になります。

1、2位はもう無理だと思いますが、3位になればCSに出場できます。

果たして、結果は...?

 

【成績表】
2018年9、10月
●3-5ヤ
○2-1ヤ
●7-9ヤ
○2-0広
○2-1広
●3-4広
○15-3中
○7-2中
○6-2中
○12-0神
●4-6神
●3-7D
○12-5D
○5-0橘
●5-10橘
●0-2巨
●3-6巨
●5-7ヤ
●4-5ヤ
●2-6広
○7-1広
○6-2中
○1-0中

月間成績
12勝11敗
シーズン成績
70勝71敗2分( 位)

9、10月の成績で言えば1つの勝ち越しで、シーズンでは借金1でフィニッシュ 。
何位だったのかというと...

【記録室】
・チーム成績
順位表

f:id:sisterion:20170214134343j:plain

結果3位でした!

4位DeNAとはゲーム差なし!本当にギリギリの戦いでした!

 

対戦表

f:id:sisterion:20170214134349j:plain

f:id:sisterion:20170214134354j:plain

特段、苦手チームというのはなかったようです。

唯一、中日とは相性良かったみたいですね。


チーム投手成績

f:id:sisterion:20170214134417j:plain

橘のチーム防御率は圧倒的ですね。

ウチも最終的にはリーグ5位と比較的まともな成績に治まりました。


チーム野手成績

f:id:sisterion:20170214134424j:plain

最終的にチーム得点は1位です!

チーム本塁打もリーグ1位で、破壊力はあります!

セ・リーグ選手成績
防御率

f:id:sisterion:20170214135423j:plain

最後までアーサー無双でした。

 

勝率

f:id:sisterion:20170214135649j:plain

勝率のタイトルの基準となる13勝以上は2人だけでした。


勝利数

f:id:sisterion:20170214135638j:plain

最多勝もアーサーです。


セーブ数

f:id:sisterion:20170214135720j:plain

なんと、ヤクルトのオンドルセク選手がシーズン歴代最多となる51セーブをマーク!


ホールドポイント

f:id:sisterion:20170214135833j:plain

最優秀中継ぎでも、ヤクルトの秋吉選手がシーズン歴代最多ホールドポイントを記録しました!

 

奪三振

f:id:sisterion:20170214140035j:plain

奪三振は、藤浪選手が圧倒的でした。

 

打率

f:id:sisterion:20170214140019j:plain

首位打者はヤクルトの山田選手が獲得!

ウチの西も頑張ったんですが、山田選手が好調を維持し、一歩届きませんでした。

 

安打

f:id:sisterion:20170214140400j:plain

最多安打もヤクルトの山田選手でした。しかし200安打にはあと1本届かず!

本塁打

f:id:sisterion:20170214140328j:plain

本塁打王は、復帰明けの中日ビシエド選手!

野木も2年連続で30本をマークしました。


打点

f:id:sisterion:20170214140507j:plain

なんと打点王もヤクルト山田選手!


盗塁

f:id:sisterion:20170214140732j:plain

結局菅野は9差で届かず。おそらく打順をいじった影響です。

 

出塁率

f:id:sisterion:20170214140823j:plain

そして最高出塁率もヤクルト山田選手でした。首位打者最多安打打点王、最高出塁率の4タイトル獲得と素晴らしい成績です!

・チーム内成績
投手

f:id:sisterion:20170214141502j:plain

f:id:sisterion:20170214141507j:plain

エース二階堂が防御率2点台、2桁勝利を達成。

新倉も9勝をマーク。

ほかの先発陣も嫁、長田、北方は最終的に及第点の成績でした。

今年はダメでしたが、宮下には、来年期待しています。

リリーフ陣は、神保、青山、岡部、宮川が安定した成績を残しました。

一方、関根、牧野、大川は期待外れの成績に終わり、来年1軍が危うくなりました。


野手

f:id:sisterion:20170214141529j:plain

f:id:sisterion:20170214141546j:plain

f:id:sisterion:20170214141558j:plain

菅野、小野寺の不振が痛かったですね。後半戦に入ったくらいから、1番松谷、2番菅野、3番西、4番野木、5番小野寺に打順を変えていました。

一塁手は、途中から若林がスタメンに。結果、打率2割8分、17本塁打と上々な成績を収めてくれました。

 


【覚醒選手紹介】

f:id:sisterion:20170214141914j:plain

f:id:sisterion:20170214141918j:plain

中日の黒江が覚醒!

2年目24歳の選手なので、先が楽しみですね。

 

f:id:sisterion:20170214141923j:plain

f:id:sisterion:20170214141928j:plain

広島の浅川が覚醒!

高卒2年目、ドラフト1位の選手です。おそらく成長タイプは普通以上だと思います。

スラッガーに育ってほしいですね。

 

f:id:sisterion:20170214141933j:plain

f:id:sisterion:20170214141945j:plain

広島の西原選手が覚醒!

赤能力は気になりますが、4球種持ちですし、これからも試してみたいですね。

 

f:id:sisterion:20170214141954j:plain

f:id:sisterion:20170214142002j:plain

阪神の島本選手が覚醒!

先発投手として申し分ないスタミナになりましたね。

 

f:id:sisterion:20170214142009j:plain

f:id:sisterion:20170214142025j:plain

なんとDeNAの三上選手が覚醒!

既に超一流選手が覚醒するとは...

来期以降も楽しみですね!


【その他】

f:id:sisterion:20170214142153j:plain

ヤクルトの秋吉選手が金特2つ持ちになっていました。


さて、いつもなら「今回の記事はここまで」というところですが、クライマックスシリーズ日本シリーズの結果をここで報告します。

 

CSファーストステージの結果は、

f:id:sisterion:20170214221906j:plain

というわけで、ファーストシリーズを突破!

 

続いて、CSファイナルステージの結果は、

f:id:sisterion:20170214222007j:plain

f:id:sisterion:20170214222023j:plain

f:id:sisterion:20170214222035j:plain

f:id:sisterion:20170214222047j:plain

f:id:sisterion:20170214222100j:plain

なんとなんと日本シリーズに進出!

 

さてさて、その日本シリースの結果はというと、

f:id:sisterion:20170214222327j:plain

f:id:sisterion:20170214222336j:plain

f:id:sisterion:20170214222348j:plain

f:id:sisterion:20170214222358j:plain

f:id:sisterion:20170214222426j:plain

なんとなんと、なんと!日本一になってしまいました!

ま さ に 下 克 上 ! !

...ちょっと予想外過ぎます。

もっとちゃんとスクショ撮っておけばよかったです。

 

 

 

さて、レギュラーシーズン負け越したにもかかわらず、CS、日本シリーズで謎の勝負強さを発揮し、予想外の日本一を決めました!


次回は、そんな2018年のまとめの記事になります。

ではでは~( ・ω・ )ノ